私たちの取り組み

司法改革関連資料<第4巻>

法科大学院に対する志望者は減少の一途をたどっており,地方の法科大学院を中心に募集停止も相次いでいます。
法曹養成制度が岐路に立たされている今,制度の問題点を洗い出し,今後のあるべき制度を検討するため、「司法改革関連資料集(第4巻)専門職養成に関する資料集 法曹,医師,歯科医師,公認会計士を中心に」を作成しました。
本資料集は、平成28年10月14日に北海道医師会,北海道歯科医師会の後援を得て当会が開催した「専門職養成のおかれている現状と将来」と題する市民向けのシンポジウムの成果を踏まえ、制度上の類似点が多くある医師,歯科医師,公認会計士の各分野における議論状況も参照しつつ、法曹養成制度に関わる資料を取りまとめたものです。

より多くの方々に法曹養成制度について関心をお持ちいただき、その検討や討議のために本資料をご活用いただけますと幸いです。

札幌弁護士会では、この度「行政連携のお品書き」を作成いたしました

「行政連携のお品書き」とは、自治体の事務について弁護士・弁護士会として、どのような態様で協力できるかを「お品書き」として一覧表にしたものです。行政の現場では、広範囲でかつ迅速な対応が求められる問題が日々生じており、法律に関する専門的知識のニーズがこれまで以上に高まっているものと思われます。そこで当会では、このようなニーズに対応するべく、メニュー形式で一覧性をもったお品書きを作成いたしました。
各自治体の実情に則した弁護士の活用方法をご検討いただきますようお願い申し上げます。

共謀罪法案の成立を受けて

札幌弁護士会は、共謀罪法案に反対する運動を展開して参りましたが残念ながら法案は成立いたしました。
私たちは引き続き、この法律の廃止を目指し取り組んでいきます。

① 札幌弁護士会会長から皆様へのメッセージ
② この運動に取り組んできた弁護士による100字コメント
③ これまでの私たちの取り組みのご紹介

をお届けいたしますので、ぜひご覧ください。

訪問取引の「お断りステッカー」を作成しました!

「訪問販売の人がしょっちゅう来て、迷惑している。」
「断ったのに、しつこく勧誘して、帰ってくれない。」
「仕方なく、契約させられてしまった。」
・・・・・そんな経験はありませんか?

働くあなたや家族の大問題!!
~過労死促進、「残業代ゼロ」を合法化する『高度プロフェッショナル制度』

現在、国会で「高度プロフェッショナル制度」を導入しようとする労働基準法改正案が審議されています。
当会と日本弁護士連合会は、この法案が「残業代ゼロ」を合法化するものであり、長時間労働に対する有効な歯止めもないため「過労死」促進につながるおそれがあるとして、会長声明を出すなど同法案に強く反対しています。

「弁護士は増えたけど・・・法曹人口問題について考える市民集会」のご報告

平成27年3月4日に札幌市教育文化会館で開催しました「弁護士は増えたけど・・・法曹人口問題について考える市民集会」についてお伝えします。

「日本弁護士連合会人権擁護大会プレシンポジウム 高レベル放射性廃棄物の地層処分を考える」のご報告

2014年8月2日(土)センチュリーロイヤルホテルにて「日本弁護士連合会人権擁護大会プレシンポジウム 高レベル放射性廃棄物の地層処分を考える~再燃する幌延問題から~」を開催しました。

札幌弁護士会人権賞10周年記念交流会

2014(平成26)年2月24日(月) 東京ドームホテル札幌 ピアリッジボールにて開催された『札幌弁護士会人権賞10周年記念交流会』の模様をお伝えいたします。

裁判員となるあなたへ

これから裁判員に選ばれるかもしれないあなたへ、お伝えしたい3つのことがあります。

中間利息控除立法化反対!の解説マンガ

札幌弁護士会では中間利息控除の立法化に反対しています。この解説マンガから、一人でも多くの方々に「中間利息控除」を巡る議論の問題を知って頂ければ幸いです。

その他のページ